フラット35の借入対象費用が拡充です

公開日:

カテゴリー: 金融


4月からフラット35の借入対象になる費用が拡充されました。

これまでは諸費用は自己資金、あるいはフラット35とは別途のローンで

少し高めの金利で借入れする必要がありましたが、

今月から印紙代、仲介手数料、登記費用、火災保険料等、

ほとんどの部分が借入対象となりました。(^.^)

よく、ネットや本等で、「自己資金は2割」用意するのが理想という

専門家が多いですが、

これからの人生どういう出費がかかってくるか分からない時代、

無理をすれば自己資金は出せるけど、

少しでも借りておきたいという方は多いかと思います。

使い勝手が格段に良くなったフラット35、是非ご利用ください♪